誰もが暮らしやすい注文住宅|求めているイメージを実現できる

敷地そのもの

家

チェックポイント

茅ヶ崎で家を建てる際に最も重要となるのが、土地選びです。多くの人は茅ヶ崎で土地を購入する時、周辺環境や利便性のチェックを行います。当然これらのチェックも大切なのですが、実は敷地そのもののチェックも必要となるのです。茅ヶ崎で家を建てるために、まず最初にチェックすべきポイントは、「地型」です。聞きなれない言葉かもしれませんが、要はその土地の形の事をいいます。つまりその土地が正方形なのか、長方形なのか、台形や三角形になるのかを言います。一般的に、家を建てるのに適しているのは、長方形、もしくは正方形といわれています。そのなかでも東西に長くなっている長方形の敷地が、風通しや日当たりに優れた家を立てやすいと言われています。では、台形や三角形の形をした土地がダメなのかというと、そうではありません。これらの土地のメリットは、まず価格が安い事です。さらに、設計時に家の形を決め、不整合な部分を駐車場や、庭のスペースに充てれば良いのです。次のチェックポイントは、「地形」です。地形とは、敷地そのものが平らになっているか、斜面の土地になっているかの事です。この場合、家を建てるのに適しているのは、平坦な敷地と言われています。茅ヶ崎で家を建てる時には、周りの環境や利便性だけでなく、敷地そのものについても調べるべきです。そして図面だけでは解らないので、必ず自分の目で確認するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加